May'n 今年のアニジェネに出演はもちろんニコ生公式番組『電波諜報局』のメインMCも務める May’nさんにインタビューを敢行!! アニジェネ出演への意気込みや最新シングルについて聞いてきました! at J-SQUARE SHINAGAWA

RELEASE

2013年7月24日(水) ON SALE!! New シングル「ViViD」

7月より放送開始予定のTVアニメーション『ブラッドラッド』のオープニングテーマ発売決定!
さらに、カップリング曲「ワイルドローズ」は、7月劇場公開予定『生贄のジレンマ』の主題歌。

購入する
Now On Sale 7th シングル「Run Real Run」

山田悠介原作の小説をTVドラマ化した『リアル鬼ごっこ THE ORIGIN』の主題歌。作曲・本間昭光、編曲・CHOKKAKU、作詞・井上秋緒が満を持して世に送り出す、疾走感と緊張感を凝縮した奇跡のナンバー。

購入する

MOVIE

May’nさんからコメントをいただきました♪

INTERVIEW

5/8に『リアル鬼ごっこTHE ORIGIN』の主題歌となった7thシングル「Run Real Run」をリリース、5/12からは自身初となるアコースティックスタイルでのライヴとなるツアー"May'n Acoustic Tour 2013「Hang jam」"がスタートし、全国を飛び回っているMay'nさん。そんなお忙しい最中、アニミュゥモのために、今回わざわざお時間をさいていただきました。本当に感激です! −今回、このようなアコースティックスタイルでのライヴをされようと思われたきっかけは?
毎年ツアーを開催させていただいている中で、いろいろなチャレンジを常にしていきたいと思っていました。今回は、一度もやったことのないアコースティックツアーをやろうと思いまして。普段のライヴやイベントで、アコースティックコーナーのようなものはあったのですが、ファンのみなさんからも好評をいただいていましたので、すごくチャレンジではあるけれど、全編アコースティックのスタイルでやってみようと決めました。

−実際ライヴをされてみて、いかがでした?
私の楽曲はそもそもデジタルなナンバーが多いので、そういった楽曲をアコースティックでお届けするというのはどうなのかなと、ちょっぴり不安でした。。みんな楽しんでくれるのかな、ギャップを感じたりしないかなと心配だったんですけど、実際にやってみたら、アコースティックならではの、そのときにしか感じることのできない空間というものがあって、嬉しく思っています。
実際、大阪公演のときには、曲のエンディングになっても、まだまだ歌いたい!と思って、予定よりみんなで歌うパートが伸びちゃったりしました(笑)
その場のノリでみなさんとその場の空間を楽しむことができるというのは、アコースティックならではのすばらしさだなと思います。
また、音がシンプルになった分、みなさんから届く声もダイレクトに届くなという印象があったので、いつも以上にみなさんと一緒に歌っている、一緒になってライヴを作っているという感覚をすごく感じることが出来ました。 −5月のシングルに引き続き、8thシングル「ViViD」(7/24発売)の発売が決定いたしましたね!こちらは、7月より放送開始のTVアニメ 『ブラッドラッド』のオープニングテーマになっていますね。
今回の曲は、明るい、POP要素もあるロックナンバーなんですけど、言葉遊びなどもサビにちりばめられているので、みんなと一緒にライヴでもさらに盛り上がれる楽曲になっていると思います。
また、いつもはダンサーさんとパフォーマンスをすることも多いのですが、今回実は、いつもとは違うパフォーマンスの仕方をしてるんです!よりみんなと一緒に踊れるナンバーになったら嬉しいなと思っています!
さらにシングルと同時発売で、3月に開催された武道館でのスペシャルコンサートのBlu-ray発売が決定しました。
こちらも併せて楽しみにしていただけたら嬉しいです。 −昨年に引き続き、今年もアニジェネへの参加が決定いたしましたね。今からとっても楽しみです♪
昨年に引き続き、今回も参加させていただけて本当に嬉しいです!昨年は第1回目だったんですけど、1回目とは思えないくらいの盛り上がりで、みなさんが最初から最後まで熱く盛り上がってくださったのがとても印象的でした。今年はさらにゲストの方も増えると聞いているので、昨年以上の盛り上がりになるんじゃないかなと期待しています。暑い夏をみなさんと一緒にすごせるのを楽しみにしています!!

PAGETOP

PAGETOP
アニジェネサイトにもどる