3rdALBUM『四季彩-shikisai-』リリース記念特集 | 演奏する瞬間を楽しむ、和楽器バンドの「いま」
3rdALBUM『四季彩-shikisai-』リリース記念特集 | 演奏する瞬間を楽しむ、和楽器バンドの「いま」

ロングインタビュー:中屋麻依子 
撮影:八木虎造

2016年3月22日発売 3rdALBUM

『四季彩-shikisai-』

先行予約特典「告知兼特典ポスター」付き

※一部の店舗やECサイトでお付けしているものと同様になります。
※特典は数に限りがございます。無くなり次第終了となりますのでご了承ください。

ロングインタビュー

詩吟、和楽器、洋楽器が融合した唯一無二の存在感を誇るアーティスト、和楽器バンド。昨年は日本武道館公演をはじめ、NY単独公演、北米ツアーを開催し、海外でもその名を知らしめた。そして2017年3月22日、3rdアルバム『四季彩-shikisai-』をリリース。これまでの2作品よりも、前衛的かつ、新たな試みに挑戦したという今作について鈴華ゆう子(Vo)、町屋(Guitar)、神永大輔(尺八)の3人に聞いてみた。

――新作の『四季彩-shikisai-』を聴かせていただきましたが、オープニングからラストまで、まるでライヴを観ているかのような流れとストーリー性を感じる1枚でした。

町屋 まさにそれを狙って作りました(笑)。1枚のアルバムを通して1本のライヴを観ているようなつくりにしようと。
鈴華 アルバムを作るときは最初にコンセプトを決めるんですが、今作ではライヴで生きるような楽曲を集めることを重視しました。理由は、メンバーで話し合うときに、活発にみんなの意見が出るのがライヴのセットリストを考えているときなんですよ。私たちはライヴパフォーマンスに自信があるバンドなので、その強みを凝縮した1枚にしたいと思って。

» 次ページ 『四季彩-shikisai-』のタイトルに込めた想いとは

リレーインタビュー

各収録曲の聴きどころやオススメの“春うた”を全メンバーにインタビュー!

プレゼント

抽選で3名様に「和楽器バンド直筆サイン入り扇子」を
プレゼント!!

このページをご覧いただいているmu-mo ID会員(登録無料)の中から抽選で3名様に「和楽器バンド 直筆サイン入り扇子」をプレゼントいたします。下記応募フォームより奮ってご応募ください。
(mu-mo IDをお持ちで無い方も、応募フォームより会員登録が可能です)

応募締め切り:2017年3月31日(金)23:59まで