『幻影異聞録♯FE ボーカルコレクション』リリース記念特集

株式会社アトラス プロデューサー 高田慎二郎

今作は名作『ファイアーエムブレム』シリーズと、現代の日本の芸能界とのコラボ的な世界観となりますが、 どのような狙いがあったのでしょうか。

主人公たちは『ファイアーエムブレム』の英雄たちを召喚し、戦うことになります。
芸能も本来は神降ろしを起源とする文化ですから、芸能の力を磨くことが自らに降ろした英雄たちの力をより発揮させる事に繋がる、という構図が非常に相性が良いと考えたためです。
また明るく前向きな作品にしたいという希望もあり、その点からも芸能界は非常に良い題材でした。

音楽プロデュースと振付をavexに依頼されたきっかけは何だったのでしょうか。
特に期待されたポイントがあれば教えてください。

本格的なものを目指すため、実際に数多くのアーティストやアイドルをプロデュースされているavexさんにお願いしようと考えました。
そしてキャラクターたちを実在の人物に見立て、実際に彼らをプロデュースする体制で1つ1つの楽曲、振り付けなどを丁寧に作っていただき、期待以上の仕上がりになりました。

収録された楽曲の中で、特にお気に入りの1曲を教えてください。

どれも厳選された曲なので好きなのですが、あえて選ぶなら「ドリーム☆キャッチャー」です。
最初に出来上がったデュオの曲で、またノリも非常に軽快で、強く印象に残ったためです。

任天堂株式会社 
ディレクター 安藤佳織

今作は名作『ファイアーエムブレム』シリーズと、現代の日本の芸能界とのコラボ的な世界観となりますが、 どのような狙いがあったのでしょうか。

企画当初から、『ファイアーエムブレム』のキャラクターたちと共に戦うゲームを作ろうと考えており、共に戦うにあたって、ちゃんと世界観と融合した設定が欲しいと考えていた際、『芸能』というキーワードが出てきました。
そこから、一気に「神降ろし」というシャーマニズムの由来は、神楽→能→芸能ですよね、とアイデアが連鎖的につながって、
現在の『戦うために芸能の力を磨くんだ』という世界観に固まりました。

音楽プロデュースと振付をavexに依頼されたきっかけは何だったのでしょうか。
特に期待されたポイントがあれば教えてください。

キャラクターの曲を作っている中で、もちろん、この曲にはPVがあるのだろう、この曲はキャラクターたちがお客様の前で披露するんだろうと考えていました。
そう言った中で、彼らはどういうパフォーマンスをするんだろうな、という事を開発陣で考えていた時、やはり実際に多くステージパフォーマンスを手掛けておられるavexさんにお願いするのが良いのではないかという事になりました。
まだすべての設定が完全に決まっていなかった時期でしたが、各キャラクターたちの個性が生かされる振付になっていたので、とても高まりました。

収録された楽曲の中で、特にお気に入りの1曲を教えてください。

どれもとても気に入っているのですが…
「Fly〜君という風〜」は思い入れ深いです。ゲーム中の設定に合わせて、水瀬いのりさんには最後のレコーディングで歌っていただいたのですが、「Feel」の頃のつばさからは考えられないくらい成長したツバサの姿が音だけでも思い浮かんで、すごく感慨深かったです。 その後PVが完成した後、『あー、こういうシチュエーションだよな』と改めて見て、再度感動しました。ぜひ映像と一緒に聴いてほしい曲です。

エイベックス・ミュージック・クリエイティブ 株式会社キャラクターソングプロデュース 油井誠志

『幻影異聞録♯FE』のキャラクターソングを作るにあたり、特に心がけた事を教えてください。

本作は「芸能界を舞台にストーリーが展開する作品」「多彩なキャラクター群が登場する」ということもあり、“キャラクターをアーティストと捉え、デビューや音楽活動を手がける方法”でプロデュースをすることを心がけました。

各キャラクターをアーティストとして捉えた時のプロデュース方針をご紹介ください。

★蒼井樹(CV木村良平)

仲間たちとの出会いで成長した主人公が歌う「Smile Smile」。幻影異聞録♯FEの根幹にあるファイアーエムブレムのテーマ「ファイアーエムブレム〜光の戯曲〜」。いずれも物語の中心に位置する楽曲です。樹の歌声でみんながひとつになるよう、包み込むような人柄、メッセージ性を大切にしました。

★織部つばさ(CV水瀬いのり)

まっすぐで清純な女性アーティスト。とにかく歌声を聴いてほしいという“想い”が強いフレッシュなデビュー曲から、彼女が世の中に届けていきたいメッセージの変化を心がけました。ストーリーにあわせて変化していく彼女の意志が楽曲の選定や歌声の変化にも込められていると思います。ちょうど、CVを担当された水瀬さんのデビューが12月だったこともあり、少しシンクロする気持ちもあるのかな、と。

★赤城斗馬(CV小野友樹)

戦隊モノなら赤!突き抜けたヒーロー性を備えたキャラクターに負けないテーマ曲。実は曲中に登場する「JUMP」などの掛け声は、幻影異聞録♯FEスタッフにも参加してもらいました。録音ブースでワイワイやったのが思い出深いです(笑)。テンション上げたいときにオススメです♪

★黒乃霧亜(CV南條愛乃)

すでにトップアーティストである存在のKiria。ゲームの世界の中でNo.1を取っているヒット曲を創る!ということで、最も悩みました。「Reincarnation」は本気でヒットチャートで勝負してやる!というつもりでスタッフ一同創ってます。トップの先は?という、No.1にしか感じることのできない苦悩を曲にしたり、つばさとのデュエット曲ではお互いの自分にない部分に憧れるさまを描いています。楽曲にあわせてアプローチを変える南條さんのボーカル表現力には毎回驚きました。

★弓弦エレオノーラ(CV佐倉綾音)

デュエット曲「ドリーム☆キャッチャー」。堂々と自分の道を進む意志の強い女の子を表現しています。フリもオススメで実際この曲の踊ってみたとかが出てくると嬉しいな、と。わかる人にはわかる歌声の組み合わせ。スタッフ内でも人気の高い1曲です★

★源まもり(CV福原香織)

小学生の天才歌手。昭和歌謡、着物と思いきやレンチンアイドルという側面もあり、キャラクター性とギャップも楽しめる選曲にしました。福原香織さんとは別の仕事でも一緒にやっているので、このギャップを歌声で表現するなら彼女!と思っていました。見事に天才と天然(?)を表現してくれました。

★チキ(CV諸星すみれ)

ネット上で大ブレイク中の『ウタロイド』。合成音声のボーカルではありますが、全編CVの諸星さんに歌っていただいています。人間の持つ歌声の魅力とのミックスで新しい響きにしようと絶妙なバランスを駆使してます。

★剣弥代(CV細谷佳正)

孤高にして至高。実際、超難しいテーマでしたw 歌だけでなくダンスもこなす天才。ダンスパフォーマンスもあるムービーを初めて見せてもらったときには、「いい!!!」と声に出してしまいました。キャラクター性も含め、個人的には実際にライブを見に行きたいアーティストです。

収録された楽曲の中で特に思い入れのある3曲について、オススメなポイント、レコーディング秘話などを教えてください。

【1】Kiria「Reincarnation」

このプロジェクトに関わって一番最初に創った曲なので。細かい修正も含め、楽曲のリテイクを何度も繰り返しました。プロジェクトの根幹にもなるので、クオリティ基準の設定にもなりました。思い出深さもありつつ、何度聴いても新鮮な曲です。

【2】織部つばさ「Fly〜君という風〜」

音楽制作チーム的には、3枚目のシングルという設定で作っています。世の中の認知もUPして、ヒットアーティストの仲間入りをした新人が次へと向かう意志が曲にも歌にも表現できたと思います。これ聴くたびに親のような気持ちで感動してしまう。どこまでも伸びていく歌声に涙腺がゆるむ1曲です。

【3】源まもり「雨音のメモリー」

聴くたびに、一緒に毎度歌ってます。哀愁と幼さの同居した歌声がとても好きです。とにかく異色の歌謡曲で、頭からしばらく離れなくなりますね。なんだか、カラオケいきたくなりません?

5月15日(日)に中野サンプラザにて開催予定のイベント“幻影異聞録♯FE PREMIUM LIVE 〜エンタキングダム〜”はどのような内容になりそうでしょうか?

発表されている豪華ラインナップが共演すること、ゲーム1作目でなかなかこんな大きなイベントはないので楽しみです。
ライブはもちろん、いろいろアイデア考えてますので期待してください★

これからアルバムを手に取る方に、メッセージをお願いします。

個性あふれる登場人物たちの楽曲が一挙に入った作品です。ゲーム内では収録されていない楽曲の全貌もしっかり体験いただけます。そしてゲームをやった人はもちろんですが、そうでない人にも豪華声優陣の歌声、現在活躍中の作家陣の楽曲は、心打つものが多いと思います。音楽がきっかけでゲームに触れてくれる人もいるんじゃないでしょうか。百聞は一聴にしかず、とにかく触れてみてください♪