決意の炎を灯すNewシングル、i☆Ris「Re:Call」インタビュー!

PHOTO:藤里一郎  TEXT: 石川雅文

結成4周年イベントというひとつの区切りを経てドロップされた「Re:Call」ですが、それ故にみなさんの新たな“決意表明”という意味も持っている作品ではないかと捉えています。本作の聴きどころをまず聞かせていただけますか。
芹澤 私は、歌に“かっこいい”を超えた、“滲み出る意志”みたいなものが1曲を通して感じられる曲だなと思いました。パッとではなくて、心で聴いた方がすごくアツいなと思いました。

山北 要になってくるシングルではあると思います。 “内から滲み出てくる意志”と言うのはメンバーも意識して歌っている曲だと思うので、この曲が武道館前に出せたというのはとても重要な事だと思いますね。
タイトルは芹澤さん考案と聞いていますが
芹澤 そうです。
その意図を教えていただけますか。
芹澤 「Recall」って「思い出す」「呼び起こす」という意味があって、私が「忘れていたこの想いが いまここで蘇る」と歌っている部分があるんですが、『双星の陰陽師』のストーリー的にも主人公のろくろが、忘れていた夢や志を思い出して「次こそ諦めない」と決意するところとリンクしているのもあるし、この曲で今までのi☆Risとは違うi☆Risを見せて…これってすごく挑戦だし、アイドルと言うよりアーティストっぽくなって。この6人で武道館に向けて、もう一回意識を引き締めると言うか、最初にi☆Risになったときの「よしやるぞ!」と、本当に自分のいたかったところにいる、ということを思い起こしたかった感じです。
本当に自分のいたかったところにいる、というのは?
芹澤 「Re:Call」のちょっと前くらいまで「私は本当はこの仕事に向いてないんじゃないか」と、YU SERIZAWAらしからぬことを考えていたんです。でもこの曲を歌うにつれて、「私にはここしかないし、私は今が一番輝いてるって信じる。この仕事を極める」って思えたんです。歌詞の「君の声が聞こえた」っていうのは私の昔の声なんです。聞こえたんですよ。「バカ。そんなこと言ってる場合じゃなくない?」って。
なぜ向かないと思ったんですか?
芹澤 本当に自信喪失期ってこの世にあるんだなと。去年末に喉を壊しちゃったあたりから、声も出ないし、自分の力不足を感じる日々が多くて。他のメンバーが順調にやっていく中で自分は何をやってるんだろうって考え始めて。そんな時に「Re:Call」と出会って、『双星の陰陽師』のオーディションに受かって、タイアップをi☆Risに持ってこれた。それは、私ががんばったことがi☆Risにつながったんです。マネージャーさんからも「この曲はお前の背負った気持ちでいい」とタイトルまで付けさせてくれて。そういうひとつひとつが、私に力を与えてくれて。“根拠のない自信”を“根拠のある自信”にして勝つぞ、という気持ちにさせてくれました。
わかりました。ありがとうございます。この曲のミュージック・ビデオは特撮ロケ御用達の大谷採石場ですね。茜屋さん、どうでした?
茜屋 テンション上がりますよね。私も「わ!」ってなりました。
気持ちはヒーローでした?
茜屋 なりました!
火が焚かれてましたよね。
茜屋 火が、火が焚かれてて、ぶわって! テンションが上がって…ごめんなさい、上手く言えません(笑)。
テンションが上ったことだけは分かりました(笑)。収録裏話的なものはありますか?
澁谷 寒かったですね。6月中旬に撮影したんですが、洞窟の中は冷蔵庫みたいで。

久保田 ベンチコートないと無理ってレベルで寒かったよね。

澁谷 夜は白い息出てたし。

茜屋 炎に囲まれたシーン最後に撮ったんですけど、炎と結構距離が近いのに温かいんですよ。

久保田 ぽかぽかぽかって。

若井 大丈夫だった? 熱くなかった?ってよく聞かれるんですけど。

久保田 後、ダンスシーンでゆうきちゃんが盛大にコケたのが面白かった(笑)。

若井 最後のダンスショット(振り付け用)を撮る時って、ひとつのカメラの前で撮るので間違えられないんで、いつも緊迫した空気の中でやるんですよ。間違えたら自己申告制で撮り直し。それで曲の後半の間奏入って、誰も言わないから「これは行けるぞ!」と思いっきりウェーブしたらコケました(笑)。

茜屋 いなくなった、視界から(笑)。







【i☆Ris 4th Anniversary Live】
日程:2016年11月25日(金)
開場開演:17:30/18:30
会場:日本武道館

【CD+DVD】


【CD】


ブックレットには
音海繭良(CV.芹澤優)
描きおろしイラストも掲載!



PAGE TOP