Major Debut Single「スターダスト/宿り星」リリース記念特集

絶妙なバランスで成り立っているのですね。ちなみに、この夏“ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016”などロックフェスに出演されましたよね? いかがでしたか?
伊東:お客さんが集まらないかもと、けっこう覚悟してたんですよ(苦笑)。路上やワンマンでライヴをやったらファンの人はたくさん集まってくれると思うんですけど、僕らはまだまだフェスに来るような音楽ファンには認知されていないと思ってました。でも、ライヴがはじまってステージに立ったら、たくさんのお客さんで一杯になったんです。ライヴ中盤にはテントから人が溢れ出ている様が見えて。すごく嬉しかったです。でもここで満足しちゃいけないなって。お客さんと一緒に、もっともっと大きなステージに行きたいなって思いました。

宮田:忘れられない景色でした。ロックフェスなんて、憧れのステージでしたから。お客さんと同じ景色を共有できたことが嬉しかったですね。でも、やっぱり一番大きなステージでやりたいなって思いました。ここを目指さないと嘘だなって。

伊東:そうだよね。もっともっと、いろんな人を巻き込んでイトヲカシという現象を起こしていきたいという夢ができた一日でもありました。
それこそ、これまでもそれぞれでバンド活動をされてきて、うまくいかなかったことも多く悔しい思いをされてきた2人なんですよね?
伊東: はい、悔しい経験も宝物だと思っています。
何があってもやりつづけてきた音楽への道ですが、そもそもどんな思いで、どんなモチベーションで音楽をはじめたんですか? 2人は音楽に人生を賭けてますよね。
伊東: この質問は難しいんです。物心ついたときからすごく歌が好きで。なんで歌が好きになったのかは覚えてないんですね。でも、物心ついたときから歌を歌って生きていくんだって思ってました。夢はずっと歌を歌って生きることだったんです。
伊東さんはライヴをすることで、自分の思いを音楽を通じて伝えられることに大きな喜びを見出されてますよね。ステージ上ですごく生き生きとされているんですよ。
伊東: 歌っている瞬間が僕にとっての人生ですね。音楽に救われた経験で一番大きかったのは、……小学生の時、いじめにあっていて。昼休みがつらいから、音楽室に逃げ込んでました。唯一鍵がかかる部屋だったんです。そこに置いてあった楽譜集を見て音楽に救われたんです。
イトヲカシの楽曲にある力強さ、弱さを受け止めながら前に進む力の根底に流れているパワーは、そういった体験から生まれたのかもしれませんね。
伊東: 僕がいじめられっ子に言いたいのは、いじめられてるってことは、君は普通の人が知らない痛みを知ってるんだよって。他の人が痛がってたら絶対にそれを見つけてあげることができるから、君は優しい人間になれると。痛みを知っているから、命を断つとかではなく、優しくなるという選択を取ってくれって僕は言い続けてますね。
それは伊東さんのライヴMCの言葉に重なるところがあります。宮田さんは?
宮田: 親に「ピアノをやりたい!」って言ったのが最初で、中学くらいのときに音楽室でポピュラーソングを弾くと女の子が「キャーキャー!」言ってくれることに気付いたのがきっかけですかね(苦笑)。……えっと、とはいえつらい時代は僕もあって。まぁ家庭環境があまりよくなかったんです。一時期家賃が払えなくて家を追い出されて、ハイエースの中で1ヶ月くらい生活するって時期がありました(苦笑)。そのとき親はすごい喧嘩をしていて、居場所がなかったので図書館にいってCDを借りて、ハイエースのカーステで聴くんですよ。当時は本当につらかったですけど、教室では普通に振舞いながら、帰ってきたらハイエースっていうギャップに戸惑ってました。でも、その時にいろんな音楽を聴いて支えられましたね。
2人の音楽にかける思いや力強さ、ありがとうという感謝の気持ちには様々な経験があったのですね。
宮田: まわりまわって、辛かった思い出すら今は感謝ですね。

伊東: いろんな思いを知れたなと思います。

宮田: 音楽をやり続けている理由に絶対つながってると思います。だからそんな環境を与えてくれた、親なのか神なのか誰なのかわからないですけど(苦笑)、すごく感謝しています。



次ページ> 「会いに行けない人に会いに行く」路上ライヴツアーのこれから





伊東歌詞太郎(Vo)と宮田“レフティ”リョウ(Bass/Guitar/Key)による、2人組ユニット。
日本語を大事にした歌詞・メロディセンス・力強い歌声が織りなす琴線に触れる楽曲を、他者とは一線を画す展開で発信する2010年代型アーティスト。メディアでは顔出しを行っておらず、その素顔はライヴ等でしか見ることができない。

2012年に結成し、路上ライヴ総動員数3万人以上、Twitterのフォロワー数55万人以上と、DIYで様々な現象を捲き起こして来た。
2016年5月11日にリリースしたインディーズ盤ミニアルバム『捲土重来』がオリコン総合チャートで5位(インディーズチャート1位)を記録。
そしていよいよ今作「スターダスト/宿り星」より、ステージをメジャーへ移す。


イトヲカシ「スターダスト/宿り星」をご購入の
mu-mo ID会員(登録無料)の中から
抽選で3名様に「直筆サイン入り色紙」をプレゼント!!

応募期間:2016年9月28日(水)23:59まで

【アニミュゥモ】または【mu-moショップ】にてイトヲカシ「スターダスト/宿り星」をご購入いただいたmu-mo ID会員(登録無料)の方の中から、抽選で3名様に「イトヲカシ直筆サイン入り色紙」をプレゼントいたします。

mu-mo IDログイン後、ご購入いただいた方に限ります。
・対象商品1枚ご注文で1口の自動応募となります。
・複数枚ご注文いただいた場合は枚数分に応じた応募数となります。例)対象商品3枚ご注文で3口の応募
・当選者の発表は、「直筆サイン色紙」の発送をもって代えさせていただきます。
・「直筆サイン色紙」は商品とは別送で、ご注文時にご登録いただいた【配送先住所】にお送りします。


PAGE TOP

Major Debut Single「スターダスト/宿り星」リリース記念特集