インタビュー01

インタビュー01

各ユニットのコンビ選抜理由について。このふたりに、どんな化学反応を期待されましたか?

お料理コンビです。コウジの味を引き継ぐのはミナト。その2人のやりとりをこっそり皆さんに聴いていただきたいと思いこの組み合わせになりました。静かで澄んだ夜明けのビーチで、鼻歌を歌いながら手料理を作る2人を思い浮かべながら聴いていただきたいです。
(エイベックス・ピクチャーズ 西)

作詞のテーマやイメージ、こだわりポイントを教えてください

この2人ということで、あったかさの詰まったお料理ソングになりました。
優しいコックである彼らが、どういう気持ちでここまで、そしてこれから お料理をみんなに作り続けていくんだろう…
そんな風な要素を盛り込ませていただきました。
ちょっぴり英語的にお勉強になるようなセクションもありますので(笑)
是非フルサイズ聞いて頂けたら嬉しいです。
(真崎エリカ)

作曲・編曲のテーマやイメージを教えてください

2人が作るお料理のあたたかさ
(谷島シュン)

作曲・編曲でこだわったポイントを教えてください

作編曲では、今回の中で一番苦戦した楽曲でした。
初めは、一度二人がお料理をしてるイメージでデモを制作したんですが、お料理感の表現がなかなか上手くいかず、プロデューサーから「拍子を3拍子に変えてみて欲しい」とアドバイスをいただきグッと締まりました。
途中にフライパンをオタマで叩く音なんかも加えたり、二人が楽しそうにお料理してるイメージで進行させていただきました。
(谷島シュン)

レコーディングなどで実際のハーモニーを聞いて、どのような印象を持たれましたか?

ワルツにしていただいたのですが、お二人の優しい声が三拍子に乗って心地よい一曲になりました。歌詞もひとつひとつ丁寧に歌っていただいていて、最後に英語のコーラスがあるのですが、そこも夢心地になります。夏の朝にBGMとして流していただくと、素敵な朝になると思います!
(エイベックス・ピクチャーズ 西)

トップページへ戻る トップページへ戻る