2017.4.26 On Sale Debut Mini ALBUM YOU&YOU スペシャルサイト

2017.4.26 On Sale Debut Mini ALBUM YOU&YOU スペシャルサイト

INTERVIEW

そうした経験と新たな覚悟を胸に制作された1stミニ・アルバム『YOU&YOU』。念願のソロデビューで、さぞ気合の入ったコンセプトづくりが行われたのでは?
「ミニ・アルバムを作る段階で言われるじゃないですか「アナタは何がしたいの?」「ソロでどんなことがやりたい?」って。聞かれて気づいたのが、私ってばこの4年間、お仕事ばっかりでほぼほぼインプットが無かったなあって。だから自分が何が好きで、何がしたいのかがあんまり良く分からなくて…」
ちょっと困った表情を見せた芹澤 優を見ていて…かつて、筆者があまり芹澤 優を知らなかった頃。彼女を昔から見てきたスタッフたちに「芹澤さんってどんな人?」と聞くと「自分が好きな生粋のアイドルで〜」などとひとしきり話した後に「でもね」と前置きをつけて語られたエピソードの数々を思い出した。
ソロであれグループであれ、声優でもアイドルでも、どの現場に行っても舞台の袖で出演するギリギリのタイミングまでダンスのフリを確認したり、ストレッチや発声練習を行ったり。常に最高の状態の自分というエンターテインメントをお客様に提供しようとするストイックさ。どんな楽曲や作品にも深く愛情を注ぎ、切磋琢磨して期待されていた以上の結果を返してくるプロフェッショナルな姿勢を。
「インプットが無い」は、いつでも100%以上の情熱を仕事に傾け続けてきたからこその切実な悩み。でも、そんな彼女だからこそ『犬ハサ』を始めとした過去の出演作のスタッフやキャストから愛され、「芹澤 優をソロデビューさせたい!」という声が上がったのだ。
「そう…仕事だけを突き詰めた4年間だったからこそソロデビューしていいよっていうお許しが出たんですよね。だから「何をやりたいか」って聞かれて、改めてこれまでステージでご一緒してきたアイドルさんたちを思い出しながら、自分のことを考えました。芹澤 優は声優だけどアイドルみたいだし、でもアイドルの中にいればやっぱり声優だし。…でも自分のことが大好きで、ここまで自分を出したいって思ってる声優は他にいないなと。だから今回のミニ・アルバムは“芹澤 優”をそのまま見せたい、“私の好きなカワイイ芹澤 優”を見てほしいって思いました。だから、「これが今までやりたかったんですー!」っていうより、「この4年間ソロデビューしたかったっていう想いを込めましたのでどうぞ見てください!」って感じかな」

今作は田村ゆかりの楽曲制作でも知られる太田雅友(SCREEN mode)の手腕により、芹澤 優の新たな“カワイイ”が抽出されている。いうなれば、女の子が見て「カワイイ!」と声を上げたくなるような可愛らしさ。男の子から見たら「あざとくてカワイイ」と言えるのかも? そんな太田さんを今作のプロデューサーに迎えた経緯はどのようなものだったのか。
「『アニソン・ハンター』(2015年までBSフジで放送)のMCをやらせていただいてた時、SCREEN modeがゲストとして出てくださったのが最初の出会いです。私、昔から田村ゆかりさんが大好きだったのでマネージャーさんに「いつかi☆Risの曲を書いてくださったらいいなあ…」ってお願いして、名刺交換していただいて。そしたらその後、とあるフェスでご一緒した時、私達のステージを見た太田さんが「本当はひとりでやってみたいんじゃないの?」って何故か私がソロデビューしたがっていることを察してくださったんですよ!「えっ!何でわかったんですか!?」って。まだその頃はソロの話なんて決まってないのに、ですよ? すごく嬉しくなって「私、田村ゆかりさんの曲どれも大好きですし、いつかもしソロで歌える事になったら太田さんに書いていただけたらいいのに」って言ったことを、今回ご一緒できませんかってお話した時にも覚えていてくださって」
まさに運命の出会いから始まったプロジェクト。何度か会って話をした芹澤 優のイメージに合わせ書き上がってきた6つの楽曲。どの曲も“芹澤 優の好きなカワイイ”が詰まったお気に入りなのだという。その中から、あえてオススメを1曲挙げるとしたら?とちょっと意地悪な質問をしてみた。
「「Voice for YOU!」です。私これからやっていきます!っていう決意表明みたいな曲ですよね。今回のアルバムで初めて上がってきた曲で、マキシのキャラソンも全部書いてくださった松井洋平さんが詞をつけてくださいました。松井さんってなんだかんだとお付き合いがとても長くて、私のことを一番よく知っている作詞家さんだと思うんです。『犬ハサ』や『プリパラ』でずーっと一緒に定期的に会っては話をして、「ホントはソロデビューしたいんですよう〜!」ってボヤいてたときもずっと話を聞いてくれて(笑) きっとこれまでの私の色んな想いをわかってくださった上でこういう歌詞を書いてくれたんだろうなって思います。だから松井さんが書いた歌詞に間違いは無いって自信をもって歌えるんです!」 だから、1曲目は松井さんに作詞をお願いした?
「いえ、松井さんに歌詞を書いていただこうって提案したのは、実は太田さんなんです。「今回の歌詞、松井洋平さんって方にお願いしようと思うんだけど…」って言われて「実は私が一番お世話になってる作詞家さんなんですー!」って(笑) 巡り合わせってあるんだなあってビックリしました」
まさに神様が繋いでくれたかのような、最強のチームではないか。
“思い描いた通りに夢を描いていきたいなら〜”から始まる歌詞には、芹澤 優の座右の銘「自分を信じることが最強」にも通じる、まっすぐ力強く前に進もうとするパワーを感じる。
「松井さんは私の座右の銘もご存知だから“自分を信じて思い切って/飛び込んじゃうしかないよね”って入ってますよね。「自分を信じることが最強」っていう言葉は…私、アミューズメントメディア総合学院っていう声優学校に通ってたんですけど、デビューしたての頃に出演させていただいたCMで使われたワンフレーズなんです。このCMって卒業生インタビューの中で印象的だった言葉をキャッチに使うんですけど、インタビューを受けている様子をずっと撮影していた中で何気なくポロっと出てきた一言がこれで。神フレーズ? ほんと、無意識に言ってたんですよ! きっと昔から自分のことが好きすぎるんでしょうね(笑)」
かつて“家族とか、応援してくれる人がいるということを信じて、まっすぐ前だけ見ていけば大丈夫だと思います”と未来を信じて語っていたひとりの少女が、いつのまにか周りの多くの人達を巻き込み、力強く先導して夢の先へと歩みを進めている。その原動力はやっぱり“私の好きなカワイイ芹澤 優”を皆に見せたい!見てほしい!というアイドルとしての矜持なのだと思う。では、芹澤 優の思う“カワイイ”とはそもそも何なのか?
「私の思う“カワイイ”は…やっぱり“芹澤 優”ですかね(笑) やっぱり自分がいちばんカワイイって思うし。いや、冷静に「今日はなんか可愛くないな」って時もあるんですけど(笑) 私、素直にしか生きられないというか。私、すごく嘘つくのが下手で、ファンの方にもすぐバレちゃうくらいすぐ顔に出ちゃうタイプなんですけど、そういうのもひっくるめて素直に生きてる女の子ってカワイイって思うし、それを思い切りやってる芹澤 優はカワイイって思います。やりたい・やりたくないとか。好き・キライみたいなのを、ワガママになっちゃダメだけどちゃんと言える…自分に素直になるって怖いじゃないですか、素直な感情を誰かに否定されたら自己否定になっちゃうから。だけどそれを恐れず素直に生きている女の子は絶対に“カワイイ”と思います!」

YOU&YOU YOU&YOU アニミュゥモ『YOU&YOU』購入者プレゼント♪ アニミュゥモ『YOU&YOU』購入者プレゼント♪