書籍

坂本龍一×東京新聞 脱原発とメディアを考える

坂本龍一
通常価格
¥990(税込)

発売日:2014年11月20日

商品番号:AMBK-1807

この商品に関する重要なお知らせ

※こちらの商品は数量限定のため、予定数量に達し次第当サイトでの販売は終了致します。

SOLD OUT 売り切れです

かんたん購入する

※かんたん購入とは?

商品詳細

“坂本教授”と記者が討論した!「原発の今」や「心を開く伝え方」…村上龍、内田樹、國分功一郎、津田大介、堀潤各氏によるメディアへの提言も収録!

[目次]
第1章 坂本龍一さんと記者の「白熱討論」(坂本さんが、やってきた「左翼」とくくられない工夫を ほか)
第2章 「伝える」を深める(深刻な問題をしかめっ面で言われると、人は心を閉ざす「正しいことを言ってるんだから聞けよ」という言い方ではダメ ほか)
第3章 「白熱討論」をするまでと、それから(紙面刷新検討チームの結成「ダメもと」の交渉 ほか)
第4章 「メディアに求めるもの」5人の提言(格差を伴う多様性に対応を(村上龍(作家))自らの発するノイズに気づけ(内田樹(思想家)) ほか)

仕様

・B6判変型
・192ページ

特典

収録内容

ユーザーレビュー

この商品に関する重要なお知らせ

※こちらの商品は数量限定のため、予定数量に達し次第当サイトでの販売は終了致します。

※商品や特典には数に限りがあり予定枚数に達し次第販売は終了します。
※ご購入/お支払いタイミングによりお届け予定日が変更になる場合があります。