SKE48インタビュートップ

古畑奈和(5期生)が初センターを務めるSKE48 25th Single 「FRUSTRATION」が7月24日にリリース。

松本慈子(初選抜)、井上瑠夏(初選抜)、江籠裕奈、荒井優希、 末永桜花、佐藤佳穂の6人にLAで撮影されたMVの撮影秘話や変化し続けるSKE48 のこれからについて語ってもらいました。

SKE48の25thシングル

25th single
「FRUSTRATION」
2019.07.24 on sale
品番:AVCD-94532
価格:¥1,646(tax in)

【タイアップ情報】
♪「ゲームしませんか?」
携帯カードゲーム「SKE48 Passion For You」CMソング


♪「せ〜ので言おうぜ!」
和食麺処サガミTVCMタイアップソング

TEXT:永堀アツオ PHOTO:八木虎造

SKE48の25thシングル

松本慈子

――まず、初選抜のお2人から選抜に選ばれた心境を聞かせてください。
松本「選ばれた時は、正直、嬉しさよりも驚きのほうが勝っていて。でも、こうやって取材を受けたり、レコーディングやMV撮影をやらせていただいたりして、やっと自分は選抜になれたんだなって実感が湧いてきました。16歳の時から掲げていた選抜メンバーになるっていう夢を3年かけて叶えることができて。時間はかかってしまったんですけど、ファンの皆さんのおかげで選抜メンバーに入ることができましたし、ここが新たなスタートなので、ここからまだまだ頑張らないとダメだなとあらためて思っています」
井上「私も目指している場所だったので、最初に初選抜ですって言われた時は、心の底から嬉しかったですし、支えてくれる家族や周りの方に感謝の気持ちでいっぱいになりました。そして、選抜メンバーになったからには、ひとつひとつ目の前にあることを当たり前だと思わずに丁寧に大切にしていって、次につなげていけるような……うん、頑張ります!」
――あははははは。今、急に終わりましたね。
井上「頑張ることしかできないので、私には。頑張ります!」
――他のメンバーから初選抜の2人を紹介していただけますか。まず、松本さんから。
末永「慈子ちゃんはいるだけでみんなを笑顔にしてくれる存在ですね。ムードメーカーです」
佐藤「元気があふれ出てると思います」
江籠「すごくやさしいし、みんなを笑顔にする力が本当にすごいなって思います」
松本「嬉しい〜。恥ずかしい〜! でも選抜っていう環境にまだ慣れてなくて。こうやってお仕事が来るのもすごく緊張して、なかなか力を発揮できていないので、これからもっと楽しんで、みんなを笑顔にできるように頑張ろうと思います」
江籠「さっきの収録もちょっとすべってたもんね(笑)」
松本「ちょっと(笑)」
SKE48の25thシングル

井上瑠夏

――(笑)井上さんは?
末永「るーちゃんはいい意味で、選抜に入ってからも自分の色を失ってなくて。こういう取材の時もるーちゃんって感じのまま(笑)。天然なんですけど、そこが魅力だから」
荒井「さっき一瞬さ、ちゃんとしゃべり始めてちょっとびっくりした(笑)。でも、最後に『頑張ります!』で終わって、るーちゃんが帰ってきたと思いました(笑)」
佐藤「あはははは。ふわふわしてるように見えるけどちゃんと自分を持ってる子ですね。芯があるなって思います」
――ここから楽曲の話に移りたいと思いますが、皆さんが最初に新曲を受け取って聞いた時はどう感じました?
松本「ノリノリでパーティーピーポーな感じの曲だなと思いました(笑)」
末永「今までと違った感じの曲調で、斬新な感じがしたので、新しいSKE48の一面をお見せすることができるんじゃないかなと思いました」
江籠「最初に聴いた時はラップの印象が強くて、歌詞を見ずに聴いたら全部英語に聴こえてきて。『やばい、英語の練習しなきゃ』と思って焦りました。よかったです、日本語で(笑)」
荒井「私も初めて聴いた時はラップの印象が強くてしか入ってこなくて(笑)、ラップを誰が歌うんだろう、古畑さんが歌うのかなって、そればっかり気になっちゃって(笑)。実際はプロのラッパーの方が歌ってくださるということですごく楽しみになりました」
井上「私は、今までのSKE48の曲とは違う印象なので、最初に衝撃というかびっくりしましたし、じゃあMVはどんな感じで撮るんだろうとか、いろんな疑問が浮かびました」
佐藤「イントロがけっこう印象的だなって思って。男性グループが歌ってそうだなって思ったんですけど、聴けば聴くほど面白くて楽しそうだなって思いました」
SKE48の25thシングル

末永桜花

――いま、末永さんから「新しいSKE48の一面」という言葉がありましたけど、10周年イヤーを経て、どんどん新たなことにチャレンジしてますよね。
松本「そうですね。特に今回はアイドルっぽくない曲なので、SKE48に興味を持っていない方にも『こんな曲があるんだ。誰が歌ってるんだろう』っていう感じで、SKE48を気になってもらえる人たちが増えたらいいなってすごく思います」
末永「プロフィール写真も今年から雰囲気が変わったりして。アイドルに興味がなかったり、アイドルのファンになるのは抵抗がある人も、もっともっと抵抗なくSKE48をたくさん愛してくれたらいいなと思います」
佐藤「すごく吹っ切るようになったなって思いましたね。どっちもどっちもってなってると中途半端になっちゃって、ファンの方もなかなかついてこられないと思うんです。もちろん、ファンの方がついてきてくれる確信はないんですけど、吹っ切ることによってSKE48の自信を感じ取ってくださる方がいたら、これからも好きになってくれる方が増えるんじゃないかなって思いました」
井上「この楽曲がまずアイドルっぽくないことが大きな変化だし、センターの古畑奈和さんが金髪っていうのもまたすごい変化だと思うし、新しいSKE48だと思う。その変化を恐れずに楽しむことが一番だなって思いました」
荒井「衣装も「LAGUA GEM(ラグア ジェム)」っていうブランドさんがタイアップしてくださって。今までそういったイメージがなかったと思うんですけど、ちょっとおしゃれなSKE48が見られるし、若い層の方にもたくさん応援していただけるようなアイドルになりたいなって思います」
――古畑さんが初センターを務めることについてはどう感じてますか?
江籠「嬉しかったです。この曲は、振り付けも含めて奈和ちゃんのイメージにぴったりで。私は同期としてずっと近くで見てきたので、今まで悔しい思いをしてきたところもたくさん見てきているし、だからこそ、今回こうやって8年目にしてファンの方とつかみとったセンターが何より嬉しかったですね。奈和ちゃんの魅力をこの曲で存分に発揮してほしいなって思います」
SKE48の25thシングル

佐藤佳穂

――変化していくことには不安や恐れはないですか?
井上「新しいものを見せられることがSKE48の強みかなって思います」
末永「新しいSKE48に挑戦していくことによって飽きないSKE48になるだろうなって思うので、ファンの方も一緒に楽しんでくれたら嬉しいなって思います。どんどん変化していくSKE48になれたらいいなって」
荒井「先輩方が心強いからついてくって感じですね」
江籠「特に今回は、私たちが普段あまり触れたことのないレゲエのダンスを取り入れてもらっていて。SKE48と言ったらさわやかな曲とかダンス曲とか、いろんなことに挑戦してきたけど、まだ見せられてない一面があったんだって。想像もしてなかったような振り付けなので、びっくりする方もいると思いますけど、私は嬉しいですね」
――どんなダンスになってますか?
末永「普段使わない身体の使い方っていうか、動きっていうかアイドルとして普段踊ってるダンスとは全然違ってて」
荒井「そっち行くの〜?って(笑)」
井上「とにかくイントロのインパクトがすごいので、MVをぜひ見て欲しいです」
――MVはロスで撮影されたんですね。
江籠「そうなんです。すごいですよね(笑)」
井上「しかも、全員で撮ってる時に雨が降り始めて。鎌田菜月さんは雨女って言われてるので、ひとりだけ喜んでて。みんなが雨降ってきて焦ってる中で、ロスにも持ってきたなって思いました(笑)」
松本「撮影場所のロスは、年に数回しか雨降らないらしくて。しかも、雷なんてめったに鳴らないのにゴロゴロいってて。ある意味すごいタイミングだなって」
末永「私は2作連続お腹が痛くなってしまいました。MV撮影の時、絶対にお腹痛くなるんですよ。2回連続でなってるので、ちょっと……まあこれはこれでいい思い出ですけど(苦笑)。毎回苦しんでます」
――それはプレッシャーですか?
末永「いつもは緊張でお腹が痛くなることはまったくないんですけど、なぜかMV撮影の日だけお腹痛くなっちゃうんです(笑)。すごく楽しみにしてて、今回こそお腹痛くならずに楽しむぞ!って思ったら、最終日に来ました」
佐藤「私、前回の時にお腹痛くなって泣いてる姿を見てたので、今回は変なものを食べないように監視してて。ずっと見てたんですけど、とくに問題になるようなものは食べてなくて」
末永「前回もとくに思い当たるものは食べてないよ」
荒井「離脱したよね?」
江籠「途中でいなくなりました(笑)」
井上「あ、私、MV撮影の思い出あります!」
一同「急だな(笑)」
井上「撮影中に空き時間があったんで、メンバーの寝顔を撮ったんですけど、一番お気に入りなのが、荒井優希さんと惣田紗莉渚さんの写真で。惣田さんは寝たふりしてたんですけど、その上にカメラアプリで頭に令和って文字をつけたら、すごく決まっちゃって。MVが解禁になったら、絶対にアップしたいと思います」
荒井「何やってんのー(笑)。私は全然気づかなかったです」
井上「だって寝てましたもん」
荒井「そうだよね(笑)。いつか公開されるんだ。でも、私もMV撮影中に大場美奈さんのすごい寝顔を撮ったので、その写真が公開されたら私も公開したいと思います(笑)」
SKE48の25thシングル

江籠裕奈

――(笑)セクシーなレゲエダンスに加えて、泡パーティーのシーンもありました。
江籠「泡の量がすごかったですね。見たことないくらいの泡にまみれました(笑)。しかも、私の立ち位置の真上に泡が出てくるマシーンがあって、ひとりだけすごいずぶ濡れになったんですよ。それが許せなくて、誰か絶対仲間にしてやろうと思って、日高優月を引きずり込んで(笑)。一緒に泡まみれになりました」
――オフのエピソードもありますか?
佐藤「ハリウッドに行ったので、マニキュアを普段つけないような黄緑にしてたんですけど、日本に帰ったとたん、その黄緑がすごく変に見えちゃって。やっぱりLAのノリってすごかったんだなって思いました」
松本「私はお買い物しようと思ってスーパーに行ったら、かわいいものが多すぎて50ドルくらい使っちゃったんですよ。で、払おうと思って、カッコつけてカード出したら『ノーカード!』って言われちゃって。お財布に40ドルしか入ってなかったので、やらかしたと思って。そしたら後ろに鎌田さんがいたので、『すみません、お金をお借りしていいですか』ってお願いして。お借りして払おうとしたら、店員さんの後ろにいた方が割引カードを出してくれて。そのおかげで50ドルが40ドルになって、無事に買えました」
一同「やさしい〜!」
井上「私もその時、慈子さんと一緒にお出かけしてたんですけど、とてもやさしくて、最後まで笑顔で。キュート!って言ってくれましたよね」
松本「そうそう」
佐藤「私も最終日に、井上瑠夏ちゃんと最後にお出かけしたいねって、ホテルからちょっと歩いたところにある薬局に行ったんですよ。そしたら須田亜香里さんと遭遇して。日本で遭遇したことないのにLAで遭遇しちゃって」
井上「そうなんです。めちゃくちゃ早い時間に2人で行って、普通に私が『あ、これかわいい!』って言ったら『え、るーちゃん?』って言われて、横を見たら須田さんがいて(笑)。めちゃくちゃびっくりしました。けっこう朝早かったんですけど、まさか須田さんがいるなんて思わなかったので衝撃でした」
江籠「私はたぶん一番何もしてないかもしれないです」
荒井「えごぴーがホテルで寝てるっていう情報をたくさん聞いた」
江籠「本当? 高柳明音さんとホテルが同室だったんですけど、マイペースすぎて。着いたその日も空き時間があったんですけど、『ちょっと1回寝よ』って2人で寝て。ちょっと寝て起きたらどこか行こうって言ってたんですけど、明音さんが『眠すぎるから寝るわ』って言い始めたので、1人でスタッフさんたちについて行って大きいスーパーでシャボン玉を買ってもらって。1人でホテルの駐車場でシャボン玉やってました(笑)。泡まみれになる前に1人で予行練習しました(笑)」
SKE48の25thシングル

荒井優希

――(笑)夏にぴったりなパーティーチューン「FRUSTRATION」をもって、SKE48はこの夏をどう過ごしたいですか?
江籠「この曲とともにイベントや歌番組、ライヴに出る予定なので、ファンの皆さんと一緒に今年も楽しいSKE48の夏にできたらいいなと思いますね」
松本「ライヴでファンの方が、〈おーらおーら〉の部分を一緒に言ってくださったらすごく盛り上がるんだろうなって思うし、一緒に声を出してもらえたら嬉しいです」
佐藤「いろいろ溜まらない夏にしたいなって思います。フラストレーションを爆発させろっていう曲でもあるので、もやもやを持たずにスッキリした夏を過ごしたいです」
――では、最後に、タイトルにかけて、フラストレーション溜まった時にやることを教えてください。
佐藤「断捨離です。身近にあるものを一気に捨てます。たくさん捨てて心機一転させます」
井上「私は咀嚼音を聴くことですね。サーモンを食べる音だったり、マシュマロを食べる音だったり、アイスを食べる音だったり。そういうのを聴いてると無になるというか、イライラしてたとしても心地よくなるので、咀嚼音をYouTubeでよく見てます」
荒井「私は家のソファーが大好きなので、ずっとそこにいますね。自分の好きなタオルケットを敷いてて、2つのクッションを抱えて。全部好きな柔軟剤で香りを統一しているので、そこにずっとだらしなくいるのがたまらなく好きです」
松本「私は誰か話を聞いてくれる人を呼んで、ひたすらその人にぶつけるって感じですね」
末永「私も同じですね。友達にひたすら話を聞いてもらいます」
江籠「爆買い(笑)。すっごく洋服が好きなので、何かをやりきったあととか、スッキリしないなっていう時は、とりあえず欲しいものを買います。これ買ったから頑張ろうって思えるようにしてます」

SHARE

twitter facebook line