CDアルバム

点と面 -ryuichi sakamoto presents: sonority of japan

佐渡裕 + 沢井一恵
通常価格
¥3,300(税込)

発売日:2011年10月12日

商品番号:RZCM-46928

SOLD OUT 売り切れです

かんたん購入する

※かんたん購入とは?

特典

仕様/封入特典

永続リパック仕様
カーボンオフセットCD

商品詳細

佐渡 裕×沢井一恵×坂本龍一による「箏とオーケストラの協奏曲」!

坂本龍一が箏奏者・沢井一恵のために書き上げた、自身初となる箏とオーケストラの協奏曲。4楽章から成っていて、それぞれ冬、春、夏、秋。「4つの定常状態、あるいは人生」。静けさの冬に始まり、春の花や木の芽がスローモーションのように広がってゆく姿も、夏の太陽の灼熱の熱さも、人生に例えた秋が、死に向って逝く道程で、自分も今人生の秋にいる事など、盛り込まれている全てが、音の世界に表現されている。この楽曲の演奏模様は、2010年5月16日「題名のない音楽会:坂本龍一〜箏の魅力」で放映され「第17回日本プロ音楽録音賞」を受賞☆

収録内容

1.1st movement - still
2.2nd movement - return
3.3rd movement - firmament
4.4th movement - autumn
5.グバイドゥーリナ:樹影にて 〜アジアの箏とオーケストラのための〜
全5曲収録予定 約52分収録予定 
※1〜4坂本龍一:箏とオーケストラのための協奏曲

指揮:佐渡 裕、箏:沢井一恵 演奏:兵庫芸術文化センター管弦楽団

ユーザーレビュー

この商品に関する重要なお知らせ

※商品や特典には数に限りがあり予定枚数に達し次第販売は終了します。
※ご購入/お支払いタイミングによりお届け予定日が変更になる場合があります。